apkファイルの端末(エミュレータ)へのインストール方法

準備

  • apkファイルを作成し、任意の場所に置きます。
  • androidSDKがインストールされていることを確認します。
  • 端末をUSBでつなぐか、エミュレータを立ち上げます。

1、コマンドプロンプトを立ち上げる

スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選ぶ。

ダイアログボックスに「cmd」と入力して「OK」ボタンを押す。

2、apkファイルが置いてある場所まで「cd」コマンドで移動します。

※今回はCドライブ直下にtest.apkを置いていると仮定します。

cd c:¥ と入力してcドライブの直下に移動します。

3、adbコマンドでapkファイルをデバイスにインストールします。

adb install test.apk と入力します。

※すでに同じアプリがインストールされていて、上書きインストールした場合は-rオプションを使います。

adb install -r test.apk

Sucessと表示されると完了です。

端末orエミュレータにアプリがインストールされていることを確認してみてください。

<うまくいかない場合は下の事項を疑ってみてください>

  • androidSDKのadbコマンドがOSの環境変数に登録されていない。
  • 移動した場所にapkファイルが存在しない。
  • 端末のデバッグ設定を行っていない。
  • スペルミス

いずれにしても失敗した場合はエラーメッセージが出ますので、それをもとにトラブルシューティングすればきちんとインストールできるはずです。

    • 2011年 12月 28日

    http://pentan.info/android/apk_install.html
    apkのインストールについてまとめています

  1. トラックバックはまだありません。